2010年11月10日


ロッテ西岡剛内野手(26)がポスティングシステム(入札制度)を利用しての米大リーグ移籍を決断したことが9日、分かった。10日に球団に申し入れる。西岡が海外FA権を取得するのは、早くても13年オフとなることから、1日も早い移籍を目指しポスティングを選択した。仮に球団が認めた場合は、内野手が手薄なオリオールズ、パドレスなどが入札する球団に浮上してきそうだ。
ロッテ西岡が内に秘めた思いをついに明らかにした。「今年は主将としてチームの勝利のことだけを考えてきた。最終的に日本一という結果を残せて、自分の中で一区切りついた。日本シリーズが終わって、今度は子どものころからの夢を追い掛けたいと思った。日本一になっていなければ決断していなかったと思う」と話した。
本気でメジャーを意識したのは今年に入ってからだった。メジャー帰りの井口と二遊間でコンビを組み、キャッチボールも一緒だった。ロッカールームや練習中にメジャーでの経験談を聞くうちに、より身近なものになっていった。「移動が大変そうだし、試合数も多いので難しいかなと思ったけど、井口さんの話を聞いているうちに出来そうな気がしてきた。野球をやっている以上、最高峰のレベルでプレーしたいと思った」と振り返った。
そんな思いを抱えて今シーズンに突入。主将としてチームの日本一を第一義に戦う一方で、メジャーで通用するかどうか、自分自身への挑戦も始まった。8月の左手負傷を乗り越え、ポストシーズンも含めて全試合フルイニング出場を果たした。パ・リーグではイチロー(マリナーズ)以来2人目のシーズン200安打を達成。打率3割4分6厘で首位打者にもなった。
自信を深めていく中で、メジャー挑戦への準備も整えていた。これまで家族が行っていたマネジメント会社に加え、08年まで井口が所属していた「ビバリーヒルズ・スポーツ・カウンシル社」と海外限定で契約を結ぶことを決めた。さらに交際中だったモデルの徳沢直子(26)と7月に結婚し、私生活も安定させた。
球団関係者は「西岡がポスティングを希望していることは西村監督も知っている」と話し、西岡の希望と球団のスタンスを西村監督が了承していることをほのめかした。フロントへの申し入れを経て、最終的に重光オーナーと重光オーナー代行の了承を得ることができればメジャーリーガー西岡が誕生する。

一方、海外FA権を今季取得し、大リーグ移籍を目指す小林宏投手(32)=本名・小林宏之=も同日中に球団側と会談を予定。終了後に、FA権行使を表明する見込みだ。
posted by corazon-baseball at 12:41 | 試合結果
spacer.gif
spacer.gif